1. メタルマックスリターンズ最速攻略 >
  2. 攻略チャート >
  3. 残った賞金首狩り

残った賞金首狩り

さて、これまででダンジョンの探索はすべて終わったはずだ。
ここからは残った課題をひとつひとつクリアしていくことにしよう。
最初に思いついたのは、残存している賞金首を始末することだった。
ゲーム進行に影響を与えないダンジョンはことごとく後回しにしてきた本攻略だが、
それでもある程度の賞金首は倒してきた。
なので、残りをすべて倒して「むてきのおとこ」の称号を入手しよう。

ここでやるべきこと
  • Dr.ラフレシアを倒す
  • ドス・ピラニアスを倒す
  • マンモスタンクを倒し、マンモスの牙を入手する
  • Mr.カミカゼを倒す

Dr.ラフレシアを倒す

ネギ周辺の沼地地帯に出現するDr.ラフレシアは、
リターンズで新たに追加された賞金首モンスター。
出現率は低めなので、気長にエンカウントを待つようにしよう。
ゲーム序盤では非常に苦戦を強いられるモンスターで、
ガスで眠らされ、メスやドリルで痛めつけられる。
しかも、あと少しのところで逃げられることが多いようだ。
だが、最速攻略ではこんな奴はロケットパンチ一発で終わりである。
ちなみにこいつを倒すと非売品のサクランHIを落とすことがあるが、
これはとっくに他の場所で入手しているはずである。

ドス・ピラニアスを倒す

ドス・ピラニアスは海岸の工場へ続く鉄橋、もしくは海岸の工場付近にも出現する。
出現率はDr.ラフレシアより少し高いくらいか。
こいつもサルモネラ一家と同じで、機銃1発で終わりだろう。
フロッグマンも同時に一掃したいなら、
ソルジャーを戦車から降ろしてレーザーバズーカの全体攻撃でもいい。
ゲーム序盤でこいつを倒すとなると、海の中に潜られたりして面倒になることが多いが、
そこまでして倒す価値はまったくない賞金首だ。
なお、ドロップアイテムのカエル人の足ヒレはフロッグマンからも入手が可能である。

マンモスタンクを倒し、マンモスの牙を入手

お次は少し飛んで、フリーザの地下にいるマンモスタンクをまだ倒していなかった。
こいつはフリーザのB5Fにいるわけだが、そこに行くまでが少し面倒。
まずエレベーターでB4Fに行き、肉の間を滑り抜けて奥にあるスロープを降りる。
あとは適当に氷の上を滑って、マンモスタンクの上のマスまで行けばOKだ。
マンモスタンクは、さすがに機銃のみでは1ターンで倒すことは難しい。
管理人の場合、3台ともひ牡丹バルカンを搭載していたが、それでも3ターンかかった。
その上、こいつの突進攻撃はSPに関係なくパーツやシャシーを破壊してくる。
主砲の195mmバーストを浴びせて1ターンで片付けてしまおう。
マンモスタンクを倒すと、マンモスの牙を落とすことがあるが、
これは戦闘後にマンモスタンクのいたマスを調べても入手できる
その隣の木箱からはCユニットのスパシーボIIが入手できる。
これらのアイテムは、ここでしか入手できない非売品なので必ず入手しておく。

フリーザ最深部で入手できるアイテム

アイテム 入手場所 処分
スパシーボII 1F > マンモスタンク右の木箱 売る or トランクへ
マンモスの牙 1F > マンモスタンクのいたマス目 売る

Mr.カミカゼを倒す

出現率が非常に低く、しかもすぐに逃げるという、はぐれメタル的賞金首。
Mr.カミカゼは挑発するか逃げるだけで攻撃をほとんどしてこないのに、
なぜ指名手配されるのかは不明。
暴走族と一緒で、うるさいから何とかしてくれということだろうか。
さて、こいつは逃げ足が速いという性質上、
中途半端なパーツではストレスが溜まるだけだ。
だからこそ最後に回して、195mmバーストを使って1ターンで葬れるようにしたのだ。
しかし、それでもこいつは現れたかと思ったらいきなり襲ってきて逃げることもしばしばだ。
管理人の場合、4回目の戦闘でようやく倒せた。
それまでの3回はいずれも先制攻撃されて何もできずに逃げられてしまった。
こいつを倒すと頭につけている平和の八巻きを落とすことがあるが、
これは電波塔のモグラ叩きでも入手できる。

無敵の男は維持すべき

めでたくすべての賞金首を倒すとハンターの称号が「むてきのおとこ」になる。
ユゲの山賊のせいで「こしぬけハンター」に転落していた場合は、ようやく汚名返上だ。
さて、この無敵の男という称号だが、正統派にとってはなかなか素晴らしい称号なので、
最後までこれを貫きたいと思うかもしれない。
しかし、実際にはかなり難しい。
なぜなら、「アイテムコレクター」「にんげんせんしゃ」など、
入手時期がずっと先になる称号が残されているからだ。
本攻略ではハンターの最終的な称号は「にんげんせんしゃ」としているため、
今まで称号については特別な対策はしてこなかった。
そこまでこだわっていると快適なプレイが難しくなるからだ。